英語をマスターしておこう!大学受験でライバルに差をつける

職務経歴書に不可欠

女の人

自分のPRに利用できる

職務経歴書に志望動機は不可欠です。履歴書にも志望動機を書く欄があることが多く、内容が重複することも多いため、職務経歴書でも必要なのかと想うかもしれません。しかし、実は職務経歴書の志望動機の方が重要となるのです。なぜ職務経歴書の方が重要なのかというと、実際の面接で使われるのは職務経歴書がメインのためです。履歴書は、採用となったときの保管用に使われることが多く、多忙な面接官は職務経歴書のみに目を通してから面接に臨むことが多いのです。そのため、職務経歴書の志望動機が実質的な面接の材料となります。企業に入社するためには、面接をクリアーして内定をもらわなければなりません。面接をクリアーするには、書類の段階から面接官にアピールすることが大切です。書類選考がある場合には、職務経歴書の志望動機が書類選考の合否を分けます。熱意を伝えるためには志望動機をどれだけ上手に書くかが重要なのです。また、志望動機の書き方を工夫するだけで面接を有利に進めることも可能になります。面接官は職務経歴書をもとに面接をすることが多く、志望動機は必ず聞かれるポイントです。質問も職務経歴書の中から行うことが多いため、面接官の興味をひきそうな内容を上手に盛り込むことで、自分に興味を持たせることができ、自分の魅力を伝えやすい質問をさせるように誘導することができます。テクニックの一つといえますが、覚えておいて損はないでしょう。企業からみた採用するメリットを書くのも重要です。