英語をマスターしておこう!大学受験でライバルに差をつける

将来を見据えた選択

大学は人生の再終着点ではなく、社会で活躍するための能力を養う場です。そのため、受験勉強のための勉強のみを行うのではなく、目的をもって、大学に行くということを忘れないような教育を並行して行う高校へ通うことは重要です。

計画的な学習で合格を

英語

まずは英単語の暗記から

どの学部を目指す場合でも、英語は受験科目として必要とされます。配点の割合も高いことから、大学受験で成功するためには英語は外せない科目と言えます。苦手だからと敬遠するのではなく、重点的に学習して得意科目にし、目的の大学への合格を目指しましょう。効率的な学習にはそのためのプランが欠かせません。英語力を伸ばすためにも、まずは単語力を鍛えるところから始めるようにします。手始めに、大学受験に頻出する英単語や英熟語を集めたテキストを購入するとよいでしょう。これを時間があるときに何度も読み返すことで、とにかく頭に詰め込んでいきます。英単語の類は何か理論を必要とするのではなく、暗記できれば勝ちです。覚えられない英単語はノートなどに幾度となく書き出し、声を出して読むなどして自分のものにします。これはプランの初期段階から始めますが、求められる語彙の水準が高い大学であれば試験直前まで続けるようにします。ある程度の英単語を覚えたなら、英文を読むことで読解力を身につけます。大学受験の英語では英文読解問題の配点数が高く、これを得意としているだけで大きな強みになります。リーディングでは英単語がわからないと読めないため、英単語暗記の後に学習します。最近の大学受験では、英語の出題の中にリスニングがあるのは当たり前になっています。これについては、ネイティブの話す音声教材を速度を遅めにして聴いて学習します。配点はそれほど高くはないので、プランの終盤に始めても充分間に合うでしょう。

女の人

職務経歴書に不可欠

就職活動の際に、職務経歴書を作成することがあれば、志望動機の内容を上手く書けるようにしましょう。志望動機の内容によって、面接官に熱意を伝えることができるからです。

勉強する人

親のこだわりが色濃く

子供以上に両親が本気に受験を望み、協力的なスタンスであることが大事です。中学校受験のために、子供を塾に通わせるのであれば、塾の実績などを参考にして探すとよいです。また、万が一受験で失敗した場合でも、子供を責めないように注意しましょう。